上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|--/--/--|--:--:--| スポンサー広告| |
♪.
ひょんなことから、誕生日占い。



生まれ年まで占い対象に含まれるとなると、当たってるような気がしてくるから不思議。


ここの誕生日占いの結果。


月曜日生まれの男性は、比較的お人よしな性格の優しい人が多いとされています。
一言一言、言葉を選んで優しく話しかけるので、一緒にいるだけで癒されるような存在といえます。
人と争うことが苦手で常に中立の立場にいようとします。時には優柔不断と言われてしまうこともあるでしょう。


一言一言、言葉を選んでこのブログも書いますよん♪

この日のお月さまは欠け始めてまもない状態でした。
欠け始めの月の下に生まれた男性は、集団の中にいても目立つような存在です。
ユーモアのセンスに富み、場の空気を盛り上げることが上手な人でしょう。
多少見栄をはってしまうときもありますが、この人の場合は自分の利益を損なうことはありません。
見た目によらず、しっかりしている人なのです。


場の空気を盛り上げる能力があるのだと感じるのだけれど、発揮したことがないww

この日の太陽は魚座にいました。
太陽星座が魚座の男性は、優しく、すぐに人に同情してしまいます。
私情が絡んでしまうので、ビジネスにはあまり向いていない場合もあるでしょう。
また、どんな窮地に陥っても静かに微笑んでいるタイプなので、周囲が窮状を察してくれないこともありそうです。


同情するなら何とやら、ってね。
微笑みは忘れたらあかんですよ。

この日のお月さまは天秤座にいました。
月星座が天秤座の男性は、自制心が強く、感情のコントロールに長けています。
人見知りしないので、ビジネスの交渉なども得意でしょう。


さっきと言っていること違いませんか?
でも、なんだかこの「矛盾した感じ」が自分にぴったりだわ。

この年の九星は一白水星でした。
一白水星の年に生まれた男性は、忍耐力に優れています。
どんなに社会情勢が困難なものになっても、じっと耐えて、来るべき飛躍の時に備えることができるのです。
困難をものともしない不屈の精神で、大きな成功を収める人もいることでしょう。


収めない人も…いる?

運命数が7の男性は、知性にあふれています。
何でも物事の真理を追究しないと気がすみません。
仕事でもプライベートでも自己を高めることを望みます。
アイデアに溢れていますが、その発想力を活かすには、一人の時間を確保することが重要になってきます。


見事にラッキーセブンですがな。
真理を求め~~~!!!
現在、一人の時間が多大にある傾向にあります。
自分よ、発想力を生かすのじゃ。

丙子生まれの人は、活発に行動するタイプで、才覚に恵まれています。
何か作業をする際にも一人黙々と作業に没頭します。
野心が強いので、一攫千金を狙いたがります。


…そうらしいです。

この日の六輝は大安です。
1日中、すべての時間帯において「吉」という運気。
何事も、おおいに安し、という円満な日です。
旅立ち、移転、開業、結婚など人生の節目に良いとされている大吉日です。


生まれた日に旅立ち、移転、開業、結婚などすることはなかろうに。
「誕生」は、節目とはちょっと違う気もするし。





まとめると、

一人で勝手にアイデアを溢れ返させ不屈の精神で作業に没頭し自己を高めようとする野心家でありながらも、優柔不断で優しく、お人よしな性格ですぐ人に同情してしまうが感情のコントロールに長けていて見た目によらずしっかりした一面を持ち合わせている、どんな窮地に陥っても静かに微笑んで場の空気を盛り上げることが上手な、一緒にいるだけで癒される存在。


つまるところ、ヒツジの皮をかぶった一匹オオカミ…ってところでしょうか?



そういえば、動物占いはオオカミだったけか…。



-----------------------------------------------

UTAい手たちも調べてみよう。

年齢は、設定上の年齢とかではなく、2008年で。



…あ。「男性」「女性」の項目がある。

テトは……まぁ、女性で。



火曜日生まれの女性は、内面にとても熱い感情を抱えています。
目的意識が強く、達成するための行動力には目をみはるものがあります。
ただし真面目すぎるところがあるので、周囲の人から敬遠されてしまう場合もあるようです。

この日のお月さまはだいぶ欠けていました。
ほぼ欠けた月の下に生まれた女性は、環境の変化にもすぐに対応できる柔軟な性格が特徴です。
しかし、それは心から慣れ親しむというよりは、あくまでも体裁を整えるために慣れているふりをしているという可能性も。
新月に向けて欠けていく月は、表の顔と裏の顔という二面性を授けたのです。

この日の太陽は牡羊座にいました。
太陽星座が牡羊座の女性は、アクティブな精神の持ち主です。
新しいことに対しても意欲的に取り組めるタイプです。
人に対してよく批判的になりますが、一方で自分が批判されると簡単に傷ついてしまいます。

この日のお月さまは水瓶座にいました。
月星座が水瓶座の女性は、人付き合いに関してクールなのが特徴です。
少人数と深く付き合うというよりは、大人数の知り合いと浅く付き合いたいと思うタイプです。

この年の九星は一白水星でした。
一白水星の年に生まれた女性は、全体的に温和で人当たりが良い人が多いといえます。
人の心の動きを敏感に察知するので、相手を傷つけないように対応できるのです。
しかし、人の心がわかる分、自分の心はなかなか開いていくことができません。

運命数が6の女性は、愛情深い人です。
それはただ他者を甘やかす類のものではなく、本当にその人のためになるように行動します。
ですから、時には厳しい態度を取ることもありますが、決して人を見捨てることはありません。
教師に向いているタイプです。

辛未生まれの人は、ワイルドな魂の持ち主です。
性格は荒々しく、時には血を見るようなことも。
しかし身体は丈夫で、忍耐力もあるため、堅実に人生を歩んでいきます。

この日の六輝は友引です。
午前中と夕方が「吉」で、正午のみ「凶」という運気。
悪いことが友人に及んでしまう、という日です。
お葬式などは慎む日とされますが、「友を引く」といった点で結婚式には喜ばれます。
本来、何をしても勝負がつかないとされる日です。




やっぱり「君は実に馬鹿だな」なんて言うのは愛情から来てるんだなと思った。





次、モモさん。

木曜日生まれの女性は、何でも一人で苦労を抱え込んでしまう一面があります。
人に頼るのが苦手なので、恋人や配偶者にも自分の弱いところを出せません。
頑張り屋さんなのは、誰もが認めるところなので、自分で意識的に手を抜くようにするともう少し毎日が楽しくなるはずです。

この日のお月さまは欠け始めてまもない状態でした。
欠け始めの月の下に生まれた女性は、何もしなくても人から好かれるような親近感に満ちています。
穏やかな物腰で接し、今ある環境の中で出過ぎない程度に上手に物事を進めることができます。
好意を寄せられることはあっても、憎まれることは無い人といえるでしょう。

この日の太陽は双子座にいました。
太陽星座が双子座の女性は、知性あふれる人物です。何気ない会話でも、機転をきかせて人を楽しませることができる人です。
また、行動力がある人が多く、思いついたら即実行にうつします。例え失敗したとしても、くよくよせずにさっぱりと忘れてしまいます。

この日のお月さまは射手座にいました。
月星座が射手座の女性は、さっぱりとした気質の持ち主です。
物事をストレートに捉え、また発言も飾ることがありません。

この年の九星は一白水星でした。
一白水星の年に生まれた女性は、全体的に温和で人当たりが良い人が多いといえます。
人の心の動きを敏感に察知するので、相手を傷つけないように対応できるのです。
しかし、人の心がわかる分、自分の心はなかなか開いていくことができません。

運命数が1の女性は、自立心や独立心が強いでしょう。
幼い頃から親元を離れて自立することを夢見ていた人も多いはず。キャリアアップへの野心も相当強いので、仕事上では自分の意見を臆せずに発言し、チャンスをものにしていきます。

壬戌生まれの人は、非常に賢く、聡明なのですが忍耐力に欠けます。
周囲に可愛がられ、面倒を見てもらうことで生活が安定します。
基本的に、一生衣食住に困ることはないとされています。

この日の六輝は先負です。
午前中は「凶」で、午後は「吉」という運気。何事も、先駆けて行うと負けてしまう、という日です。
あわてると負けてしまうという日なので、急用や争い事は極力避けて、おとなしくしていると良い日です。




前半がモモさん過ぎるww





性別の項目があるのですが、あえてピネ。

気になったんでねww


土曜日生まれの男性は、周囲から変わり者と見られがちです。
自分の信念を曲げることはめったになく、時には孤立してしまう場合もありそうです。
自立心が旺盛なので、起業家やフリーランスの職業適性は高いでしょう。
多少まわりのアドバイスを受けれれば、大きく飛躍できる人です。
土曜日生まれの女性は、とても個性的な感性の持ち主です。
ファッションやインテリアも、流行にはとらわれない独自のセンスで固めていきます。
他人の視線が気にならないタイプなので、気が付くと孤立してしまうことも。
でも、人に合わせるより一人で行動するほうが気楽なので、さほど気にしないでしょう。

この日のお月さまは満ち始めてまもない状態でした。
満ち始めの月の下に生まれた男性には、独立精神旺盛で真面目な人が多いのが特徴です。
多少、我が強いところがあるので、時には扱いづらいと思われてしまうこともありますが、そのアイデアやセンスは素晴らしいものです。
なかなか人と打ち解けられない性格ですが、一度築いた関係は一生を通じて大切にします。
この日のお月さまは満ち始めてまもない状態でした。
満ち始めの月の下に生まれた女性は、やや人付き合いが苦手なのが特徴です。
人になかなか心を開けないので、真の友人と呼べる人は少ないかもしれません。
しかし一度親しくなれば、その後も継続して関係を温めていくことができます。
最初はとっつきにくくても、実は情が深い人なのです。

この日の太陽は天秤座にいました。
太陽星座が天秤座の男性は、えこひいきを嫌い常に中立の立場を貫きます。
理性と感情のバランスが優れているので、TPOに応じてキャラクターを使い分けることができます。
洗練されたセンスの持ち主なので、芸術方面において才能を発揮するでしょう。
この日の太陽は天秤座にいました。
太陽星座が天秤座の女性は、バランス感覚に優れ、あらゆる物事に調和をもたらすことができる人です。
人当たりが柔らかく、どんな人とでも上手に付き合えるでしょう。
ただし恋愛関係となると、嫉妬心が強い一面があるので注意が必要です。

この日のお月さまは射手座にいました。
月星座が射手座の男性は、非常に旺盛な探究心の持ち主です。
一度気になることができると、自分が納得するまで寝食を忘れて没頭してしまうことも。
この日のお月さまは射手座にいました。
月星座が射手座の女性は、さっぱりとした気質の持ち主です。
物事をストレートに捉え、また発言も飾ることがありません。

この年の九星は一白水星でした。
一白水星の年に生まれた男性は、忍耐力に優れています。
どんなに社会情勢が困難なものになっても、じっと耐えて、来るべき飛躍の時に備えることができるのです。
困難をものともしない不屈の精神で、大きな成功を収める人もいることでしょう。
この年の九星は一白水星でした。
一白水星の年に生まれた女性は、全体的に温和で人当たりが良い人が多いといえます。
人の心の動きを敏感に察知するので、相手を傷つけないように対応できるのです。
しかし、人の心がわかる分、自分の心はなかなか開いていくことができません。

運命数が6の男性は、安定を何よりも望みます。
慣れ親しんだ環境で、自分の家族と過ごす時間を大切にします。
地味ではありますが、誰に対しても優しく接することができます。
しかし、一度精神的に不安定になると頑固な部分も出てくるようです。
運命数が6の女性は、愛情深い人です。
それはただ他者を甘やかす類のものではなく、本当にその人のためになるように行動します。
ですから、時には厳しい態度を取ることもありますが、決して人を見捨てることはありません。
教師に向いているタイプです。

丁丑生まれの人は、働き者タイプの人が多いでしょう。
自分のことを差し置いても人のために働くようなところがありますが、短気な面もあるために、家庭内で孤独な気分を味わいやすいでしょう。

この日の六輝は友引です。
午前中と夕方が「吉」で、正午のみ「凶」という運気。
悪いことが友人に及んでしまう、という日です。
お葬式などは慎む日とされますが、「友を引く」といった点で結婚式には喜ばれます。
本来、何をしても勝負がつかないとされる日です。



なんだかよくわからないが当たってる気がする。

周囲から変わり者と見られがち
時には扱いづらいと思われてしまう
あらゆる物事に調和をもたらすことができる
さっぱりとした気質の持ち主


…のあたりが、特に。





ではでは、このへんで…
|2009/06/28|19:58:16| 雑記コメント(0)トラックバック(0)












 管理者にだけ表示を許可する

http://utasekai.blog14.fc2.com/tb.php/273-42b48443
この記事にトラックバック(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。