上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|--/--/--|--:--:--| スポンサー広告| |
mp3プレーヤー貼り付け練習も兼ねて。


「UTAUのカラーについて」のBGMですが、適当にタイトルつけました。

「EHAH」という…

ただ、ベース音の「ミシラシ」の動きを音名にしただけのタイトルですww




で、このEHAHで「サラウンドの効果」を実感しました。

以下詳細。


Sound Engineにはメニューバーの「空間(S)」にありますね。



これが、サラウンド前。

各パートをミックスする段階で定位の設定を忘れてモノラルに仕上がってます。
(急いでたからね;)



で、こっちがSound Engineのサラウンドの「チャンネルディレイ1」ライブラリーを使ったやつ。

広がりのあるステレオサウンドで、いい感じに仕上がったように聞こえますー。



「チャンネルディレイ」っていうのは、左右の音を少しずらす効果があるんだと思うんですけど、いやー、ここまで良い感じになるとは思わなかった。

曲調や何かで効果の大きさは変わってくると思いますが。



にしても、アイコンww

ざくぽとピネにしか見えない…

今回使ったプレーヤーはこちらー。
http://www.muzicons.com/






ちょっと話題転換。

UTAUやなんかでもそうですが、最終的には自分の耳ですよね。
自分で音を聞いて、違いがわからなければそのエフェクトやflagsなんかは使ったってしょうがない。

一度使ってみて、違いがわからなかったら使わないっていうのが、手間を省くいちばんの方法でしょうか。

項目が多くて、一度使ってみるだけでもけっこう手間がかかったりするんですけどね…
まぁ、一度きりだと思えば、なんとか…



自分で聞き分けられないところを細かく調整しようとするのは、疲れますし、楽しくないですし、聞き手も聞き分けられないようだったら骨折り損ですし。




まとめ
「自分の分かる範囲でいじるのが楽しいよね。」


分かる範囲が広がれば、もっと楽しくなりそうです。
|2009/04/02|19:13:41| 制作コメント(0)トラックバック(0)












 管理者にだけ表示を許可する

http://utasekai.blog14.fc2.com/tb.php/183-565764f4
この記事にトラックバック(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。